<object id="wz2ur"><rp id="wz2ur"></rp></object>

          <object id="wz2ur"></object><optgroup id="wz2ur"><tt id="wz2ur"></tt></optgroup><object id="wz2ur"></object>

          <thead id="wz2ur"></thead>
          TOP > サステナビリティ > 社會性報告 > 取引先様とともに

          取引先様とともに

          社會背景

          ISO26000では課題の1つに「バリューチェーンにおける社會的責任の推進」があげられています。また、2015年のG7エルマウ?サミットでは、首脳宣言の中に「責任あるサプライチェーン」が盛り込まれました。企業の調達活動においては、従來のQCD(品質?価格?納期)に加え、人権、労働慣行、公正な事業慣行、環境なども考慮して実踐することが期待されています。

          ジェイテクトの考え方

          公正?公平な取引を推進

          ジェイテクトは、取引先様をパートナーとして尊重し、相互信頼に基づいた発展?成長を目指しています。
          「企業行動規準」「調達理念」において、國籍、企業規模、取引実績の有無を問わず、オープンでフェアな取引を実踐する方針を明文化。また、公正かつ公平な參入機會を提供するために、ウェブサイトに取引開始までの手順を公開しています。

          遵法精神に基づき、公正、透明、自由な競爭ならびに適正な取引を行います。(ジェイテクト企業行動規準より)

          調達理念
          オープンでフェアな取引 國籍、企業規模、取引実績の有無を問わず、オープンで公正かつ公平な參入機會を提供します。
          調達基本方針
          相互信頼 取引先様との密接なコミュニケーションにより相互の信頼関係を構築します。
          共存共栄 取引先様との相互信頼に基づく相互繁栄を実現します。
          長期安定的取引 継続取引を行うことで品質、価格、量、納期を満足する安定調達を実現します。
          グローバル調達 グローバル視點での最適調達を実現します。
          また強固なサプライチェーンで國際競爭力の向上を図ります。

          「CSR活動項目ガイドライン」

          ジェイテクトCSR方針の趣旨を取引先様と共有するために、取引先様向け「CSR活動項目ガイドライン」を発行し、取引先様に遵守していただきたい事項を明確化しています。このガイドラインは、取引先様の上流にさかのぼった展開も要請しています。
          また、適切な取引を維持していくため、取引先様と関わる部門が各産業適正取引ガイドラインを遵守するとともに、取引先様とのコミュニケーションをより向上させるため、あらゆる機會を通じて情報発信やご意見の吸い上げに取り組んでいます。

          1. マネジメント上の取り組み

          • 法令遵守
          • リスクマネジメント

          2. ステークホルダーへの取り組み

          • 品質確保
          • 適正取引
          • 良好な労使関係
          • 人権擁護?多様性の尊重
          • 企業倫理の遵守
          • 地域社會への取り組み

          3. 地球環境への取り組み

          • 環境マネジメント
          • 環境に配慮した事業活動

          ジェイテクト取引先向け
          CSR活動項目ガイドライン

          グリーン調達への取り組み

          ジェイテクトでは、持続可能な循環型社會の構築を目指し、全社をあげてグリーン調達活動に取り組んでいます。その推進に向けて「グリーン調達ガイドライン」を発行し、取引先様へ協力をお願いしています。

          取引先様へお願いするポイント

          グリーン調達ガイドラインで取引先様へ要請するポイントは次の通りです。

          • ISO14001などの外部認証取得を基本とした「環境マネジメントシステムの構築」
          • 環境関連法規制の遵守?徹底
          • 環境負荷物質の使用禁止または制限
          • CO2排出量の低減など環境パフォーマンスの向上
          • 生物多様性保全の取り組みの推進

          2020年度の主な活動

          調達方針説明會

          コロナ禍で例年のような説明會が開催できないため、動畫配信で説明會を開催致しました。2020年度の調達方針として、安全?品質?CSR?コスト競爭力についてお願い致しました。
          また、年間を通して品質、技術、VE?VA提案、環境において優れた実績をあげられた取引先様の表彰を行いました。

          中國での取引先総會を開催

          2020年は新型コロナウイルスの影響で、會場での説明會開催を斷念致しましたが、代わりに「Online」方法で5月に実施しました。
          立石董事長より「ウイルスの影響で予想困難な狀況だが、中國は有望な市場で大きなビジネスチャンスに満ちあふれいる。優秀な取引先様とともに逆境を勝ち抜くことができる」と挨拶し、取引先様へ物流、営業、品質保証、生産管理、調達の各方針説明を実施しました。

          ジェイテクト協力會活動

          取引先様251社(2020年度時點)で構成。會員相互の信頼関係の構築と、企業基盤の向上を目的として品質管理大會、研修會、安全分科會、大規模災害に備えた減災勉強會等の活動をしています。2020年度は、コロナ禍の影響で例年行われていた會員が一同に會することができないため、動畫配信を行うなど工夫を凝らして実施致しました。

          ジェイテクト協力會 品質管理大會

          事例を募集し、優秀事例を冊子にまとめ會員に配布し相互研鑽致しました。

          ※ジェイテクト協力會
          取引先様251社(2020年度時點)で構成。品質管理大會、研修會、講演會などの活動を通して、會員相互の信頼関係の構築と、企業基盤の向上を目的として次のような活動をしています。(品質管理大會、研修會、安全分科會、大規模災害に備えた減災勉強會等)

          ジェイテクト協力會 研修會

          外部講師によるアフターコロナのリスクマネージメントについて動畫配信よる研修を行いました。

          ジェイテクト協力會 減災推進勉強會

          2020年11月、2021年1月に2テーマについて動畫配信で勉強會を実施致しました。

          紛爭鉱物問題への取り組み

          2013年度から実施している紛爭鉱物の調査を、2020年度も継続。
          取引先様の協力を得ながら、サプライチェーンをさかのぼって紛爭鉱物の使用狀況を確認し、お客様からの問い合わせに適切に回答しています。

          取引先様困りごとヒヤリングを実施

          2017年度から開始し、取引に関する困りごとをお聞きする場を設けて改善に努めました。再訪問もあわせて、今後も継続してまいります。

          下請代金支払遅延防止法への対応をより一層強化するためお取引先様向けの専用ご相談窓口を2017年4月より開設しています。

          跳网舞的直播app,gblive直播app,直播app怎么破